【エレコム HCS-RFS01WH】迷ったらこれ!おすすめの体重計!

エレコムの体重計
体重計って色々な種類があって、購入するときは迷ってしまいますよね。

 

なので実際にぼくが購入した体重計をひとつご紹介します。

 

ぜひ購入の参考にしていただければ幸いです!

スポンサーリンク

エレコムの体重計

ぼくが購入した体重計は『エレコム HCS-RFS01WHです。

 

エレコムってパソコンの周辺機器を作っているイメージがありませんか?

 

じつはヘルスケア商品もいくつか作っていたんですねぇ。

体重計買うまで知らなかった・・・

 

まぁその話は置いといて。

 

購入の決め手は2cmほどの薄さと、ガラスのような表面がきれいだったことです。

もちろん機能面が優れているのも決め手でした。

消しゴム代の薄さ
上の画像は消しゴムと厚さを比べてみたものです。

 

どうですか?薄くないですか?

 

だいたい消しゴムの1.5倍ほどの厚さです。

 

この薄さならちょっとした隙間に収納できますよね!

薄いだけじゃない!測定項目が豊富!

この体重計、薄いだけではないんです!

 

結構いろんな測定項目があるので体の状態を詳しく知りたい!という方にはとても役に立ちます。

 

では測定項目をひとつひとつ見ていきましょう。

体脂肪率

体脂肪率
体脂肪率は定番ですね。

体にどれだけ体脂肪が蓄えられているかを測定する数値です。

 

まぁ家庭用の体重計の体脂肪率は参考程度にするのがいいでしょうね。

 

本格的に体脂肪率をはかるには、100万円近い装置が必要らしいですから・・・

BMI

BMI測定
BMIというのは肥満度を測定する値です。

この数値が25.0以上だと肥満認定されます。

前回との体重差

前回との体重差
これは、前回測った体重との差を測定した値になります。

 

この機能は結構うれしいです。

意外と前回の体重って覚えてないことが多いですからね。

 

ちなみに前回よりも体重が減っていたらマイナス(-)が表示されます。

内臓脂肪レベル

内臓脂肪レベル
この数値は内臓についた脂肪のレベルをあらわしています。

数値が高いほど内臓に脂肪がたっぷりとついている状態です。

基礎代謝

基礎代謝
基礎代謝は、1日中ボーっとしているだけでも勝手に消費されるカロリーの数値です。

骨量

骨量
骨量というのは、骨全体に含まれるカルシウムなどのミネラルの量です。

体全体の骨の重さではありません。

 

詳しく知りたい方はタニタの『体組成計の測定項目の見かたについて』を参考にしてみてください。

骨格筋率

骨格筋率
これは体全体の筋肉のうち、意識して動かすことのできる筋肉の割合を測定した値になります。

 

まぁ筋トレやランニングなどで鍛えられる筋肉のことですね。

ざっくりと使い方の説明

使い方はいたってシンプル!

はじめにユーザー登録をし、後は体重計に乗るだけ!

 

ユーザーは4人まで登録することが可能です。

 

登録しておけばめちゃくちゃ簡単に体重やその他もろもろを測定できます!

では簡単にユーザー登録の方法を説明していきたいと思います。

①生年月日を入力

生年月日入力
生まれた年/月/日を入力します!

②性別を選択

性別選択
男か女を選択します。

③身長を入力

身長を入力
今の身長を入力します。

④あとは乗るだけ

ここまで出来たらあとは体重計に乗るだけで測定できます。

 

上記のユーザー登録をしておけば、体重計の電源がついていなくても乗るだけで勝手に起動して測定してくれるようになるのでめちゃ便利!

おまけ

暗い場所でも大丈夫
バックライトがついているので、暗い場所でもはっきりと画面が見えます!

その他特徴

ここではちょっとした特徴等をご紹介したいと思います。

単4乾電池3本使用

単4乾電池3本使用
この体重計は電池で動いています。

購入時に3本同梱されているので、今はそれを使っていますね。

固い床で使用すべし

カーペットの上で使用しないように
体重計の裏についている、体重を測るパーツ?を正しく機能させるために固い床で使用しましょう。

 

ぼくは初めのうちはカーペットの上で体重をはかっていたのですが、やけに体重が軽くなっていてビックリしました。

 

どうやら正しく測れていなかったんですね(笑)

最後に

今回ご紹介した体重計のスペックをまとめるとこんな感じです。

特徴
・4人のユーザー登録が可能
・電源がOFFでも乗るだけで計測可能
・単4乾電池3本使用
・薄くて邪魔にならない
・暗いところでも画面がくっきり
計測項目
・体重
・体脂肪率
・BMI
・前回との体重差
・基礎代謝
・内臓脂肪レベル
・骨量
・骨格筋率

いまのところぼくは、何不自由なく使えているので満足しています!

 

ぜひご参考にしていただければと思います。

あわせて読みたいオススメの記事!

筋トレ初心者が1ヶ月で筋トレを習慣化した方法
...
やる気を出す方法。そもそもやる気は意識的には出てこない!!
...
さぼるって実は効率がいいという話
...

コメント