【DANCERUSH STARDOM】激むずなFLOWERの譜面攻略方法を考察!

今回はDANCERUSH STARDOM(ダンスラッシュ スターダム)で現状( 2018/10 時点)で最難関と言われている
「FLOWERFLOWER (STARDOM Remix) / BEMANI Sound Team “DJ TOTTO”」
のふつうLv10譜面を考察していきます!

 

「あの譜面ってどうやって処理すればいいんだろう?」とか
「難しくて解禁できないよ!」って方は参考にしてみてくださいー

 

手っ取り早く全貌が知りたいという方はこちらのツイートを見てみると
いいかもしれないです。

 

スポンサードリンク

プレイする前に習得しておきたいステップ

さっそく譜面考察・・・と行きたいところですが

その前に、FLOWERをプレイするうえで習得しておきたい
ステップについてお話しておきます。

 

以下のステップを習得していると断然プレイしやすくなります!

各ステップが気になる方はリンク先の記事も是非参考にしてみてください。

ステップの練習方法やコツを紹介しています。

FLOWER譜面考察

では譜面の考察に入っていきたいと思います。

 

GIF画像で考察していくのですが以下の点にご注意ください。

・1/2スピード
・譜面速度は3.0のものを使用
・合成した譜面は借り物なので多少ずれがある
・LEDの光がまぶしすぎたので白黒

 

部分的にLRのガイドを無視した動きをしますが
基本的にはLRガイドに従った動きで考察していきます。

 

ダウンの取りずらい最初の部分

ダウンが取りずらい
開始直後RRLLとダウンが重なっている譜面。

ここは 右足→左足 とあえてガイドを無視して処理しています。

 

このように動くと

・ダウンの取りこぼしがほぼなくなる
・ガイドに従うよりも動きやすい

という利点があります。

 

そしてこの後はガイド通りに処理していきます。
ガイド通り

 

 

 

L字型のノーツ

L字型ノーツ
ここはランニングマンを使って処理します。
ダウンが自然にとれるのでオススメです。

 

 

 

クランク型のノーツ

クランク型ノーツ
両足で 開いて閉じる を繰り返して処理します。

 

画像では単純に真横に足を開いていますが、斜めに開いたりして
Xの軌跡を描くような動きでも行けそうですね。

 

 

Tステップ地帯

Tステップ地帯
ここの難しいところは軸足側にノーツが配置されている部分。

 

Tステップをクロスさせて処理するか
体ごと回転させて処理することもできる。

 

ダウンはあまり意識せず、Tステップをしっかり決めていくのがポイントです。
そうすれば自然とダウンもとれます。

 

折り返しTステップ
ここではTステップ途中に単体ノーツが潜んでいるので注意!

 

タンッ タンッ タンッ タタ タンッ というリズムを覚えると処理しやすいです。

 

 

テンポの速いランニングマン

テンポの速いランニングマン
テンポは速いですがしっかりとランニングマンを決めていけば処理できる譜面です。

 

地味~に譜面が左右に移動していくので取りこぼさないように気をつけましょう!

 

 

連続ジャンプ地帯

連続ジャンプ地帯
途中でクロスが入ったり、軽いスライドが配置されている部分に
気を付けましょう。

 

 

クラブステップ地帯

クラブステップ地帯
この長ーいスライドノーツはクラブステップを使うと綺麗に処理できます。

キュキュキュと移動→ダウン を4回繰り返します。

 

 

初見殺し

初見殺し譜面
ただの初見殺し。

 

序盤の部分をスポンジボブで処理しようとすると背面プレイが要求されます。
なのでランニングマンの足をクロスさせるパターンで処理します。

 

そして後半部分はランニングマンを途中で戻すパターンで処理。
ガイドを無視してそのままランニングマン
続けることでも処理することが可能です。

 

>>こちらのランニングマンの応用ステップを参考にしてみてください!

2度目のTステップ地帯

2度目のTステップ地帯
最初と同様にクロス部分に注意しましょう。

 

足がもつれやすい地帯

ランニングマン処理

ランニングマンからの単体ノーツが意外に処理しずらい部分。

ここは体勢を崩しやすいので焦らず丁寧に処理していきましょう。

 

連続スポンジボブ
テンポ速めのスポンジボブ

 

スポンジボブに慣れていないと結構難しい部分です。

 

Youtubeに上がっているプレイ動画で
Vの字型のランニングマンで処理している方もいました。
確かにその方がバランスがとりやすそうですねぇ。

スラローム地帯

スラローム地帯
右足だけグワングワン動かすスラローム地帯。
(僕が一番苦手な譜面・・・)

 

本当は、左足を軸に回転して処理すると見栄えがいいのですが
右足でなぞるだけでも大丈夫です。

 

カオススライド

カオススライド
画像の動きでは正直処理しきれていないです。
頭の中ではめっちゃ動いているのに体がついてこない・・・

 

足をクロス→開くを高速で行えば処理できそう。

 

いずれ攻略してみます!

 

ランニングマン地帯 part2

ランニングマン地帯②
気持ちよくランニングマンをしていたら途中で躓きそうになる譜面。
テンポが速いので足をくじかないように注意しましょう。

 

ガイドを無視してランニングマンを続けることでも処理することが可能です。

ランニングマン地帯2後半
後半部分も同様に。

 

クランク地獄

クランク地獄
初見だと頭の中もこんな感じでぐちゃぐちゃになる。

 

基本的には グー パー を繰り返していけば処理できるが
譜面の途切れる部分はスポンジボブで処理することがポイント。
その後につなげやすくなります。

 

ドS地帯

ドS譜面
地獄を抜けて「ランニングマンだー!」と希望を与えてそれを一瞬でへし折るドSな譜面。

 

ここではガイドを無視してランニングマンを続けると
後半のLR単体ノーツ部分で足がもつれるので注意が必要です!

 

3度目のTステップ地帯

3度目のTステップ地帯
ここまでの疲労で足が重くなっていて取りこぼししやすい部分。

気を抜かずにしっかり足を動かしていきましょう!

 

追い打ち

追い打ち
ランニングマンからのスポンジボブという譜面。

 

満身創痍なところに追い打ちをかけるように
畳みかけるランニングマンとスポンジボブが
骨身に染みる。

 

ウイニングラン

終盤1

 

あとは序盤とほぼ同じウイニングラン地帯。

 

終盤②

終盤3

最後の両足ノーツ+ダウンとRL+ダウンは
取りこぼししやすいので注意が必要です。

 

終わりに

お疲れ様でしたー

 

見映えの悪い部分もありますが
ここで紹介した動きができれば問題なくクリアできるようになります。

 

また、もっとクールな動きやアレンジも可能なので
是非挑戦してみてください!

 

FLOWERが攻略できるようになったらかなーりダンスラッシュ の
腕前(脚前)は上がっていると思っていいでしょう。

まさに中級者の登竜門的存在です・・・

 

それではー

 

ダンスラ記事一覧

>>以下 あわせて読みたいオススメ記事です!

DANCERUSH初心者必見!Tステップのやり方・コツ
...
【DANCERUSH STARDOM】初心者を卒業するためにすべき5つのこと
...
DANCERUSH STARDOMでかっこよくランニングマンを決めるコツ!
...
DANCERUSH STARDOMでスポンジボブをかっこよくキメるコツをご紹介
...
DANCERUSH STARDOM 譜面アレンジを考察する!!【左右各2個ノーツ】
...
ダンスラッシュをやるなら知っておきたいオススメのダンスラッシャー24名!!
...
【DANCERUSH STARDOM】激むずなFLOWERの譜面攻略方法を考察!
...

コメント