「本は読んだ方がいいんだろうけど読む時間ないし」そんな方にAudibleがオススメ

地獄

  • 本を買ってみたけれど読まずに本棚に収納されている
  • 本は読んだ方がいいのはわかっている、でも読めない
  • 最近は本を買うこと自体なくなってしまった
  • そもそも本なんて買ったことはない

こんな状況、みなさん一度は経験したことあるのではないでしょうか?
しかし考えてみればこれは当たり前のことでもあります。

 

今の時代、必要な情報はスマートフォンを使い、Youtube等の動画サイト、Twitterinstagram等のSNSで収集することが多くなりました。
現代人は通勤や通学、または昼休憩などのスキマ時間に情報収集することが当たり前の時代なんです。

 

その点、本を読むという行為はかなりの時間を費やすため、なかなかスキマ時間に読もうとは思えません。
さらに本を持ち歩くということもカバンがかさばるので懸念される傾向にあります。

 

だから「本はほぼ毎日読んでいます」という人はかなりの本好きの方ぐらいでしょう。

 

でも安心してください。

 

スキマ時間でも手軽かつ簡単に本を読む方法があるんです。

それがオーディオブックを配信しているAudibleというサービス。

いきなりAudibleがいいですよーといわれてもピンとこないと思うので解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

Audibleとは

AudibleというのはAmazonが提供する、オーディオブックが聴ける月額制のサービスです。
Amazonといったらネット通販サイトでおなじみですよね。
というかそもそもオーディオブックとは何か?
オーディオブックは簡単にいうと『音声データ化した本』です。

ふつう本と聞くと『紙の本』を思い浮かべるかと思います。
しかしオーディオブックは違います。紙ではなく音声データなんです。

 

具体的には、書店やAmazonで売られている本をプロのナレーターや声優の方が朗読し
その音声をデータ化した物がオーディオブックです。

 

朗読と聞くと、小説がメインなのかな?と思ってしまいますがそんなことはありません。
ビジネス書・社会・政治・スキルアップ・自己啓発書・洋書などの様々なジャンルがあります。

ラインナップ
出典:Audible

そんなオーディオブックをまとめて取り扱っているのがAudibleというサービスになります。

 

書店は紙の本』を扱っていて
Audibleは『音声データ化した本(オーディオブック)』を扱っているというイメージですね。

 

さらにAudibleには以下の特典もあります。

オーディブル特典
出典:Audible

 

紙の本もオーディオブックもAmazonで購入できるなんて書店も真っ青ですよね・・・

Audibleの使い方

使い方は簡単です。

  • Audibleに登録
  • 送られてきたメールを開いてアプリをスマホやタブレットにダウンロード
  • 好きな本をコインで買う

これでいつでも好きな時間・好きな場所で本を聴くことができます。

 

今なら1ヶ月無料体験かつ1冊無料キャンペーンもやっているので登録するなら今がオススメです。(2018/11/11 現在)

ただ注意しなくてはいけないことは1ヶ月後に1500円の月額課金に自動で移行するということです。
※Audibleのサービスに満足し、継続したいという方は問題ありません

 

もともと1ヶ月間だけ体験する予定だった場合は
その前に退会しないと1500円支払うことになるので気をつけましょう。

退会手順

ここではAudibleの退会手順を説明したいと思います。

あらかじめ退会手順を知っておけば、いざ退会したいと思ったときにすぐ実行できるので読んでおくことをオススメします。

 

➀まずはAudibleのサイトにアクセス

➁サイト上部のアカウントサービスを選択
Amazon大会

➂会員タイプの下にある退会手続きへを選択
退会ボタン

➃退会理由を選択し「退会」ボタンを押す

以上で退会完了です。
いざという時のために覚えておきましょう。

終わりに

情報を収集するためにYoutubeやSNSは欠かすことはできません。

 

しかし、体系的な知識やノウハウを学びたい場合はまだ本に分があると感じています。
本を読むことが難しくなってきた現代にこそオーディオブックは今後主流になっていくはずです。
AmazonEcho等の音声入出力デバイスも増えていますからね。

 

まだオーディオブックを聴いたことがないという方は是非Audibleをお試しください。
あまりにも簡単に本を読む(聴く)ことができるので驚くはずです。

コメント