セブンイレブン『チョコスティックケーキ』を切ったり焼いたりレビュー

チョコスティックケーキレビュー

セブンイレブンに売っている『チョコスティックケーキを』レビューしていきたいと思います。包丁で切り分けたり、トースターで焼いたりしてみましたので、その結果をお伝えしていきます。

チョコスティックケーキ
[名称] 洋菓子 チョコスティックケーキ
[値段]¥120(税込み¥129)
[原材料名]卵、砂糖、小麦粉、植物油脂、チョコレート、はちみつ、食塩、脱脂粉乳、膨脹剤、増粘剤(キサンタンガム)、香料、pH調整剤、乳化剤、(原材料の一部に卵・乳成分・小麦・大豆を含む)
[栄養成分(1包装当り)]熱量472kcal、蛋白質6.7g、脂質26.1g、炭水化物52.4g、Na198mg
セブンイレブン『チョコスティックケーキ』を切ったり焼いたりレビュー

匂いを確認

匂いを確認

まずは開封時の匂いを味わってみました。包装を開けると同時に、あま~い香りが中から立ち込めてきました。これだけでも少し満足してしまいそうなぐらいの香りです。カステラやマドレーヌなんかに近い香りでしょうか。

袋から本体を取り出す

袋から本体を取り出す

次に袋から本体を取り出しました。表面が、脂か溶けた砂糖で少々べたついていたので、食べる時はフォークを使って食べるか、袋から少し出してかぶりついて食べると手を汚さずに食べられると思います。そして本体は結構ずっしりとしていてかなり食べ応えがありそうです。

表面は脂か砂糖でべっとり

切って断面を確認

切って断面を確認

断面は結構キレイです。ただチョコレートは中には入っておらず、表面に乗っかっているものですべてでした。個人的にはケーキなどのフワフワの生地に入っている、チョコレートの食感が好きなので少し残念。

そのままの味を確認

そのままの味を確認

しかし、味は全く問題ありませんでした。ずっしりとした生地は食べ応えがあり、甘さも十分すぎるほどに感じられます。そこに角切りのチョコレートが食感と味にいいアクセントを加えてくれます。これは牛乳や紅茶と合わせて食べるとよりおいしく頂けると思います。

トースターで焼いてみる

トースターで焼いてみる

お次はトースターで焼いてみました。3分ほど焼いたのですが、途中から急激に焼き色が付き始めたので、焼き時間はもう少し短くてもよかったかもしれません。焼き色が急激につき始めたのは、砂糖がふんだんに含まれているからでしょうか・・・

焼き色がついた

焼きたてをほおばる

焼きたてをほおばる

焼きたてのチョコスティックケーキをほおばります。表面はクッキーのようにサクッと焼きあがっていて、中はしっとり。焼きすぎたこともあってか少しビターな味に仕上がっていて、これはこれでおいしいです。贅沢な大人のスイーツといった感じ。ストレートの紅茶やコーヒーなんかと合わせてみてもおいしそうですね。

出来上がり

おまけ:GI値の話

おまけ:GI値の話

GI値というのは食品がどれだけ血糖値を上昇させるかを示す数値です。食品のGI値が高ければ血糖値の上昇が急激になり低ければ上昇は緩やかになります。砂糖はGI値が100以上で高GIに分類されます。

血糖値を上昇させてもいい事はないので高GIの食品を単体で摂る事は控えた方がいいです。高GIの食品を摂取する際は低GIの食品と合わせるとよいことがわかっています。なので、お菓子や白米 ラーメン等を食べる前には、低GIである野菜や卵を食べておくとより幸せになれるかもしれません。

おわり。

コメント