隻狼|SEKIRO プレイ記録#9『金剛山 仙峯寺~見る猿、聞く猿、言う猿、』

金剛山 仙峯寺~見る猿、聞く猿、言う猿、

今回は『不死斬り』を求め、金剛山にある仙峯寺(せんぽうじ)へと向かいます。不死斬りとは、「死なぬ者を殺す」といわれている”もの”です。詳しく知りたい方は前回の記事『ストーリー進行 おさらい編』をご覧ください。

今回は以下の内容について語っていきます。
・葦名城~仙峯寺までの道のり
・仙峯寺攻略
・ギミックボス『見る猿、聞く猿、言う猿、』攻略
・おまけ:生柿オババ
スポンサードリンク

葦名城~仙峯寺 の道のり

仙峯寺

まずは、葦名城から仙峯寺までの道のりを、お話していこうと思います。個性的な敵が徘徊していたり、陰湿なエリアを突っ切るため、かなり精神を消耗しました・・・

葦名城周辺

葦名城周辺

仙峯寺へ行くために、まずはこの大橋を渡る必要があります。この橋は葦名城 本城の周辺にあり、ゲーム開始直後のエリア『水手曲輪(みずのてくるわ)』の、真上に架かっているものです。なので下を覗くと、見知った場所を見ることができます。

地下へと続く暗い道

地下へと続く暗い道

橋を渡り、門を越えると、薄気味悪い道を発見。あきらかにこれまでのエリアとは雰囲気が違います。

捨て牢

捨郎

道を進むと『捨て牢』というエリアに入ります。どうやらここは以前、葦名城の牢屋だった場所みたいです。周囲には囚人だったと思われる敵や、巨大な虫が蔓延っています。人型のゾンビのような敵は、倒してもなぜか復活します・・・

かなり不衛生なエリアなので、きれい好きの方や虫が苦手な方は要注意です。

ヤバそうな敵

とりあえず早くこのエリアを抜けたかったので、ガンガン進んでいくと、ヤバそうな奴がいましたが・・・ここはスルー。

濁った水

しぶしぶ濁った水路を進んでいきます。すると・・・

仕掛けを発見

エレベーターらしき仕掛けを発見。仕掛けの紐を引っ張ると、上から足場がカタカタと降りてきます。その足場に乗ったら、捨て牢を脱出です!

あぁ空気がおいしい・・・

捨て牢を脱出

金剛山 仙峯寺

仙峯寺

捨て牢を抜けるとそこは、目的地の仙峯寺。しかしここはまだ下層、目指すは本堂です。

壁にかかった掛け軸が、そう教えてくれました。なぜ掛け軸が喋れるのかはわかりませんが、仙峯寺の注意点をいろいろ教えてくれたので、悪いやつではなさそうです。

いざ本堂へ

いざ本堂へ

仙峯寺の本堂は、金剛山の上にあるそうなので、山登り開始です。このエリアは木や岩が密集しているので隠密行動しやすそう。

それに鉤縄ポイントも多いので、シュシュシュっと連続で空中移動できます。

坊主が行く手を阻む

坊主が行く手を阻む

しかし道中、沢山の坊主が行く手を阻みます。錫杖(しゃくじょう)で思いっきりぶん殴られました。中には、素手で襲い掛かってくる坊主もいて厄介です・・・

坊主の修業
3人で固まって歩く坊主

落ちた橋

橋が落ちている

ずんずん先へと進んでいくと、橋が落ちており、道が途切れてしまいます。ジャンプで向こう側へ渡ろうとしましたが、まったく届く気配もなく落下。

他に進む道も見当たらなかったので、周辺を10分ぐらい探索します・・・

崖に道

そして橋の左側の崖に道を発見。パッと見、道とは思えなかったので、見つけるのに時間がかかってしまいました・・・

崖登り

崖登り

橋で見つけた道を進むと、崖っぷちの道が現れます。道幅も人が1人通れるのがやっとというほどに狭く、そこに敵が配置されているので、さらに厄介な道です。

配置されている敵は、背がかなり低く小刀で応戦してくるため、攻撃タイミングが読みずらいです。ロックオンして戦わない方がいいのかも・・・

甲冑武者 登場

甲冑武者登場

崖をなんとか登りきると『甲冑武者』という、全身甲冑に身を包み、大剣を振り回す大男が登場。あきらかに日本の鎧や刀ではないので、外人さんでしょうか?

でも日本語で話してる。

「我が息子のため・・・」「その刀を置いていけ」と襲い掛かってきます。日本での戦が終わり、刀を息子のために持って帰る父、という設定なのでしょうか。

苦戦したが

ダメージが入らないので結構苦戦しましたが、大振りの攻撃を弾いて何とか忍殺を決めます。すると、よろよろと後ずさりしていき、壁をぶち破って崖の下へ落下・・・

ロバート―

ロバアァーーーート!

と絶叫しながら落ちていきました。

息子の名前でしょうか・・・なんだか申し訳ないことをしたなぁ。

まだまだ続くよ仙峯寺

まだまだつづくよ仙峯寺

ロバートの父を倒し「そろそろ山頂かなー」などと思いつつ、先へと進みます。しかし、まだまだ道のりは長そうです。

屋根を渡り

屋根を伝って・・・

階段を上り

階段を上り・・・

また屋根へ

また屋根へ・・・

強敵

外観が清水寺のような本堂付近に足を踏み入れると、恐ろしく強い敵に何度もやられました。両刃の薙刀をぶんぶん振り回し、アクロバティックな動きで翻弄され、攻撃もなかなか当たりません・・・

しかもこの敵が2体もいるし・・・

ごり押し

なので倒すのを諦め、ごり押しで進みます。

ついに本堂に到着

ついに本堂に到着

長い道のりを経て、ようやく本堂に到着です。本堂にはたくさんの仏様が並んでいたので、まずはお祈りを・・・

見る猿、聞く猿、言う猿、

お祈り

ってあれ?ここはどこ?

お祈りをしていたはずなのに、まったく知らない場所に飛ばされてしまいました。

猿が描かれた屏風と猿

猿が描かれたびょうふ

そこには、猿が描かれた屏風と、1っ匹の猿が。猿はこっちをガン見しています。

煽られてる?

一匹の猿

猿たちを捕まえ 屏風に戻せ!

戦闘開始

すると左上にHPゲージが登場しました。

ボス戦かなーと思っていたのですが、何も起きないので辺りを徘徊していると、修行僧を発見。

修行僧を発見

修行僧曰く、猿たちを捕まえて屏風に戻せば、この幻廊から脱出できるみたいです。

ということでサルゲッチュ開始!

猿に翻弄される狼

猿に翻弄される狼

そこそこ広いエリアを走り回っていると、何匹かの猿を発見。しかし、この猿達、めちゃくちゃ足が速くて追いつくこともできません。

「やった!追いついた!」と思っても、次の瞬間にはいなくなっています。むむむ・・・

作戦を練る

作戦を練る

あんまりにも、すばしっこいので作戦を練って対処します。猿の逃げる道を先回りしたり、音を立てずに背後から忍び寄ったりして、1っ匹ずつ仕留めていきます。

背後から忍び寄る
音を立てずに忍び寄る
緑の猿
先回りして仕留める

猿が1っ匹いない

3匹の猿を仕留めたのですが、なぜかHPゲージは健在。「あと1匹いるのかな?」と思い、周囲を探索してみても猿はいません。

そして15分ぐらい彷徨っていた時でしょうか。狼の背後に足跡がついていることを発見します。

まさかと思って背後に攻撃を繰り出してみると・・・

背後に攻撃を繰り出してみる

何もない場所から、猿が姿を現しました!

というかサクッと音がして、猿死亡。

猿捕獲完了!

猿捕獲完了

ずいぶんと時間がかかりましたが、無事すべての猿を屏風へと帰還させました。

めでたしめでたし。

幻廊をぬけると

そして、天の声が聞こえ、幻廊を脱出。

・・・つづく

【隻狼|SEKIRO】『見る猿、聞く猿、言う猿、』プレイ記録#9


おまけ:NPC 生柿オババ

怪しいお堂を抜けると

そういえば仙峯寺 本堂へ向かう途中、御婆さんのNPCが崖っぷちに座り込んでいました。話を聞いてみると「柿は2つあるでぇ」とか「生柿は、あっちじゃあー」とか、柿の話ばかりです。

しかもその後、「お米をよこせ」と言ってきます。とにかく食べ物の話ばかりする、謎のオババでした。今後何か進展するのだろうか・・・

初回 >>#1『オープニング~葦名城 水手曲輪』はこちら
前回 >>#8.5『ストーリー進行おさらい編』はこちら
次回 >>#10『不死斬り~落ち谷 鉄砲砦』はこちら

>>隻狼プレイ記録一覧

 

コメント