隻狼|SEKIRO プレイ記録#10『不死斬り~落ち谷 鉄砲砦』

不死斬り~落ち谷鉄砲砦

前回は、いたずら好きの猿達をひっ捕らえ、無事に幻廊から脱出を果たしました。そして今回は、キーアイテム『不死斬り』の入手と『落ち谷』の鉄砲砦を攻略していきます。

スポンサーリンク

不死斬り

幻廊を抜けた先

幻廊を抜けた先で『変若の御子(おちのみこ)』という女の子?に出会いました。話を聞いてみると、どうやらこの子が不死斬りを所有しているようです。

しかし、狼が「不死斬りをもらいに来た」と言うと、「あの刀は抜けぬ」「抜けぬということは抜いて帰ったものがおらぬということ」「それでも抜くのか?」と、抜くか引くかの選択を迫ってきます。

これまでの道のりを考えると、さすがにここで引くわけにはいきません。意を決して『不死斬り』を抜かせていただきます。

抜けぬ刀の真実

抜けぬ刀の真実

いざ抜刀!

死ぬ

刀を抜くと、狼はしずかに息を引き取りました。

お祈り

「だから言ったのに・・・」という顔で、変若の御子に弔われます。

不死斬りを求めてやってきた人たちは、みな刀を抜いて死んでいったそうです・・・

狼生き返る

しかし、ここで回生の力を御子に見せつけてやります。御子は「あ、貴方は、いったい・・・!?」と、ほぼ絶句状態。

何度言ってもわからない人間には、こうして見せてやることが一番効果的ですからね。さすが忍び。人を操るすべを心得てますね。

もらい受けた

そして決め台詞

「もらい受けた」

いやーこういう展開はしびれますね。というかこのゲーム、ムービーのアングルが、いちいちかっこいいので見入ってしまいます。

不死斬り

こうして抜けぬ刀『不死斬り』をゲットしました。

ちなみに、この刀の真の名は『拝涙』。

お米は大事

お米は大事

そして変若の御子より、もう一つ大事なアイテム『お米』を授かりました。

お米は大事
噛めば噛むほど甘くなり、元気も出るだろう


お米は大事です・・・
そういえば崖っぷちの生柿オババが、お米を欲してたなぁ。今度あげてみよう。


で、キーアイテムの『不死斬り』を手に入れたので、次のエリアへと進みます。

白い花 を探し落ち谷へ

白い花を探しに落ち谷へ

次は『白い花』を見つけるために『落ち谷』へと向かいます。落ち谷は、葦名城の裏手にある、坂を下った先にあるそうなので、まずは葦名城の裏手へ。

というか裏手ってどっちだ?と思いながらも葦名城の裏手らしき場所を目指していると、前回同様、橋を見つけました。

橋を抜け、坂を下り・・・

橋を抜け坂を下り・・・

橋を抜けると、そこには草の生い茂った坂道が、下へ下へと続いています。その坂道をどんどん下っていくと、怪しいお社を発見。

お社を発見

お社の中には、鬼仏と天狗の面を被った爺さん(一心)が立っていました。一心は、またも鼠狩りを楽しんでいるようで、「お主ももっと鼠を狩れぃ!」と狼に一喝。

特に話の進展もなかったので先へと進みます。

社の先

社の先は崖になっていて、「これ以上進めないなぁ」と思っていると、深い谷を挟んだ向かい側の崖に鉤縄ポイントを発見。意を決し、谷に向かってジャンプすると、無事に向こう側へと渡ることができました。

向こう岸へ

隻狼のマップは「落ちたら大ダメージだけど、この先なんかありそう」という場所が多いように感じます。時折、何もないことがありますが・・・

落ち谷

落ち谷

どうやら落ち谷エリアに足を踏み入れたようで、みたことのない敵と遭遇。全身を包帯でぐるぐる巻きにしていて、先端に刀を括り付けた石火矢(いしびや)を所持しています。

全身包帯と石火矢!?どこかで見覚えがあるぞ・・・

崖っぷち

敵をあしらい、とうてい足場とは言えないような崖っぷちを進んでいくと・・・

ようこそ鉄砲砦へ

鉄砲砦

鉄砲砦と呼ばれる、崖にそびえたった砦に到着。

鉄砲砦恐るべし

近くに座り込んでいる男性に話を聞いてみると「もっと準備してこればよかったぜ」「鉄砲砦・・・噂以上よ・・・」などと、言っておりました。


準備も何も、刀1本あれば余裕余裕!


その頃の僕はそう思っていたんです・・・

鉄砲砦の洗礼

鉄砲砦の洗礼

道なき道を進んでいくと、どこからともなく弾丸が飛んできます。しかもタイミングをずらして複数。

神回避

途中、神回避を見せつけるも、敵の砲撃が収まることはありません。

中ボスが待ち受ける

しかも道中『蛇の目 シラフジ』という中ボスクラスの敵も登場。戦闘エリアが狭く、離れると銃撃され、近づくと掴み攻撃してきます。

鉄砲砦・・・噂以上よ・・・


さっきの男の言葉が、頭の中に響き渡ります・・・

ごり押しで仕留める

なんとかごり押しで倒しました。

銃弾の雨を 傘でしのぐ

吊り橋

中ボスを倒した先に、1本の吊り橋を発見。何も準備せずに渡れば、たちまちハチの巣にされてしまうので、忍具『鉄傘』を発動です。

これで鉄傘が銃弾を弾いてくれます。

鉄傘でじゅうだんを弾く

順調に橋を渡っていく・・・

順調に橋を渡っていく

途中「どうやら向かいの崖から、石火矢を撃ってきているみたいだ」と、敵を観察しながらゆっくりと歩いていました・・・が!

穴アイテル

突如足場が消え去り(もともとなかった・・・)狼は崖の下へと落ちていきました。

狼落下

鉄砲砦・・・噂以上よ・・・

崖の敵を一掃

鉄砲砦陥落

その後、吊り橋を越え、今まで溜まったうっぷんを晴らすがのごとく、バッタバッタと敵をなぎ倒していきます。

バッタバッタなぎ倒す
崖下~

鉄砲砦に到着

崖を上がると鉄砲砦

崖を登りきると、随分と物騒な砦が目の前に現れました。

やはりこの光景、見覚えがあるぞ。
『もの〇け姫』の、たた〇場では??
ということは、敵が全身包帯の訳もあるのかも・・・

とか思いつつ先に進みます。

爆竹

砦ということもあり、防御態勢に抜かりはありませんでした。道には爆竹が仕掛けられており、通ると爆発して、プレイヤーの位置が敵に把握されます。

その後は四方八方から銃弾の嵐です。

一度死んでしまいましたが、回生を使って何とか逃げのび、近くの洞窟に身を隠します。

洞窟の先が本ルート

逃げ込んだ洞窟の先を進むと、途中散弾型の石火矢を持った敵と遭遇しましたが、切り抜け、さらに先へと進むと鬼仏と怪しい道を発見。

どうやらこの道が正しいルートだったようです。

ぐんぐん奥へ

ぐんぐんおくへ

敵もいないので、ぐんぐん奥へと進んでいきます。すると・・・

またも中ボス

またも中ボスクラスの『長手の百足 ジラフ』という敵が登場。4足歩行で移動し、両腕についた長い鉤爪で超連打の攻撃を繰り出してきます。

超連打

攻撃自体は素早いのですが、一定のタイミングで連打してくるので、見た目より弾きやすかったです。それと下段攻撃も仕掛けてくるのですが、こちらもジャンプでよけやすく、そこまで強い敵ではなかったですね。

扉の先は・・・

扉の先は

『長手の百足 ジラフ』 を倒し、扉を開けると、またも怪しい吊り橋が1本架かっています。
「あぁ、まだつづくのかぁ」と思っていると・・・

怪しい吊り橋

奥廊下というエリアに抜けたみたいです。

はぁ・・・ほんとに鉄砲砦は疲れた・・・

・・・つづく

【隻狼|SEKIRO】ぐだぐだ『落ち谷 鉄砲砦』攻略 プレイ記録#10
鉄砲砦を攻略した時の動画

初回 >>#1『オープニング~葦名城 水手曲輪』はこちら
前回 >>#9『金剛山仙峯寺~見る猿、聞く猿、言う猿、』はこちら
次回 >>#11『蛇と猿と時々狼』はこちら

>>隻狼プレイ記録一覧

 

コメント