副業などの自由な時間を作りたいなら「やらない」ことが大事!!

「やらない」ことを決めれば、空いた時間を「やりたい」ことに使えます!!

自分のやりたいことがあるけど、社会人になってから自分の自由な時間がとれない・・・
このように思っている方は実際多いでしょう。ぼくのまわりでもそういう人がほとんどです。

なので自分の自由な時間を作るために「やらない」ことを決めましょう!

 

スポンサーリンク

自分の1日の行動を把握する

まずは自分の1日の行動を把握することが大事です。
どういうことかというと、自分が1日で行っていることを洗い出し、その洗い出した項目にどれだけ時間を使っているかをノートやグラフなどに書き起こします。
例えば、睡眠・食事・仕事 等・・・

人間は時間を目で見ることはできないので、目で見えるようにするということが大事です。見えるようになると自分自身の意識が全く変わります。なので騙されたと思って一度やってみてください。この一歩を踏み出せるかどうかで自由な時間を作れるかどうかが決まります。

ここで一歩を踏み出せなかったかたは疲労困憊な方か、現状に満足している方なのでこれ以降は読む必要はないです。
疲労困憊の方はゆっくりと休む時間を取ることが先決です。無理に変化しようとすると体を壊してしまいますからね。

 

1日の中でやらないことを決める

1日の行動パターンが割り出せたら、その中からやらないことを決めます。

ではどうやって決めていくのか?それは優先順位をつけていくという方法です。優先順位をつければおのずと自分にとって優先度の低い行動が割り出せますよね?
例えば ①睡眠 ②食事 ③仕事 ④ランニング ⑤テレビ ⑥SNS だったらSNSが一番優先度が低い状態。

こうして割り出した優先度の低い行動、これがあなたにとっての「やらない」ことになります。ですが簡単にはやめられないはずです。なぜならすでに習慣化している可能性が高いからです。

なのでこれ以降はどうやってその行動をやめていくのかということを書いていきたいと思います。

10%ずつの変化が達成しやすい

人間の習慣を変えるには大きく変えずに、少しずつ小さく変えていくということが大事になります。

例えばダイエットをしようと思い立った場合、今まで「1日3食ご飯大盛り」を食べていたのに突然「1日1食ご飯抜き」なんてことにしたらほぼ間違いなくダイエットは失敗に終わります。
人間は「やってはいけない!やってはいけない!」と思うほどそのことに注意が向いて、今まで以上に欲してしまうようにできています。

なので少しずつ変えていくということが大事になってくるのです。

では少しずつというのはどれくらいなのか気になりますよね。これは 10% の変化が続きやすいです。
例えばテレビを1日1時間みていたとしたら、6分減らす計算になります。これを1週間に6分減らしていくということを実践していって最終的にはテレビをみなくなるということを達成します。

 

環境を変えることが大事

もっと自分に厳しくして、自分を変えたい!自分の時間を作りたい!という方には環境を変えるということをオススメします。
どういうことかというと、「やらない」ことを「やれない」ようにすればいいんです。

テレビを見ないようにしたいなら、テレビを売ってしまえばいいし、SNSをみたくないのであればアプリをアンインストールすればいい。というような極論です。
自分の身の回りからそのものをなくしてしまうというのもひとつの手です。

最悪そこまでしなくても、行動を起こしにくくするということも効果的です。
例えばテレビのリモコンを取りにくい場所に置いておいたり、コンセントを抜いておいたり。SNSをみたくないのであれば、アプリを起動しにくい位置に置いておくというのも手です。

行動をおこすことが「めんどくさいなぁ」と自分に思わせると効果的です。

ぼく自身も昔はテレビをよく見ていたのですが、今はほとんど見ていませんね。学生時代に寮で生活していたのですが、部屋が狭すぎてテレビがおけず数年間テレビと無縁な生活をしていたらみなくなりました。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?自分の自由時間を取り戻すことはできそうでしょうか。

まとめとしては
・1日の行動を把握する
・行動に優先順位を決める
・優先順位が一番低い物を「やらない」
・10%ずつの変化が達成しやすい!
・環境を変えるともっと達成しやすい!

というような感じになります。

今回は「やらない」ことにフォーカスを当てましたが、「やりたい」ことにも応用が可能なので是非試してみてください!
読んでいただきありがとうございました!

 

>>こちらの記事もぜひご覧ください。読書が苦手な方必見です!

読書が苦手なんて当たり前!読書好きになれる読書術。
...

コメント