筋トレ前に食べた豆腐料理の栄養素を分析してみる

本日、筋トレの約2時間前に食べた豆腐の一品料理が栄養素的にどんな効果があるのか気になったので、分析していきたいと思います。

 

スポンサードリンク

食べた食材

★メイン
・木綿豆腐 約200g
・しめじ 約30g
・ゆで卵 1個

★調味料
・オリーブオイル 大さじ1
・バター 約5g
・醤油 小さじ1
・酒 小さじ1
・砂糖 小さじ1/2
・おろしにんにく チューブ1cm程度

この料理に含まれていた材料はこんな感じです。今回はメイン食材について分析していこうと思います!

 

豆腐

まずは豆腐から分析します。

豆腐には必須アミノ酸がバランスよく含まれていて、コレステロールを下げたり肥満を改善する効果があるといわれているみたいですね。そしてさらに豆のままたべるよりも加工することで消化吸収率がなんと約95%なるという驚異のポテンシャルを持っているようです。

しかしぼくが気になるのは筋トレ前に食べて効果があるのかどうか…それを知りたい。
筋トレ前にはたんぱく質をとっておくといいらしいので、豆腐にたんぱく質がどれほど入っているのか気になるところですね。

調べてみたところ木綿豆腐の場合、100gに6.6gほどたんぱく質が含まれているようです。ということは今回200g食べたので大体13.2g摂取したことになりますね!よかったよかった。
ですが撮りすぎているような気もしますね…なぜかというと”厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)」”によると18歳以上の男性の1日あたりのたんぱく質推奨摂取量が60gだからです。ぼくは間食としてこの豆腐1品料理を食べたわけなので、朝・昼・晩の3食も別に食べています。そう考えると軽く60g以上摂取しているような…

まぁそれはいったんおいておきましょう!

豆腐のポテンシャルに話を戻すと、他にもイソフラボンという成分があるようです。これは骨の密度が下がるのを防ぎ、さらに骨量も増やす効果があるという事実が!さらにさらに女性の場合、閉経前後に起こりやすいといわれる肩こり、頭痛、不安等の症状を和らげてくれる効果も期待できるみたいです。

豆腐はなんてすばらしい食材なんだ…
スーパーで50円100円で手に入る食品のパフォーマンスとは思えないですねー。

豆腐の効能や栄養素は大体こんな感じです。

 

しめじ

お次はしめじを丸裸にしていきましょう。

どうやらしめじ(きのこ類)にはβ-グルカンという成分が多く含まれているみたいです。
ん?β-グルカン?なんだそれは?って感じですよね。どうやらβ-グルカンは腸内の免疫細胞を活発にする働きがあり、がん抑制に関わっているともいわれている成分らしいです。腸は第二の脳とかいわれていますから、きのこって結構重要なはたらきをしていたんですねー。見直しました!

ですがこのβ-グルカンという成分は水に溶けやすいらしいのでスープなどに入れた場合はしっかりと飲み干すようにした方がいいです。

他にもビタミンDも含まれているみたいですね。ビタミンDはカルシウムの吸収を促進してくれるため、丈夫な骨を作るのに欠かせない栄養素です!きのこ類とカルシウムを豊富に含んだ食材を組み合わせたら最強の肉体が作れそうですねー。

 

ゆで卵

そして最後にゆで卵!生卵の場合と、ゆでた場合で何か栄養素的に違いが生まれるんですかね?

卵は食物繊維とビタミンC以外の栄養素を含んでいるようです…どうやらぼくは最強の食材を引き当てたみたいですね。卵だけ食べてれば生きていける気がしてきました(多分死ぬ)。あと育毛に効果がある食材らしい…食べよ。

卵は以上です。
まぁ今後何かわかったら加筆していきたいと思います!

 

最後に

今回調べてみてわかったのですが、普段何気なく食べている食材の栄養素を知るとすごくいい物食べてる!!って気になって得した気分になりますね。今後も筋トレを続けつつ食事にも手を抜かず知識を増やして頑張ります!!

 

おまけ

おまけとして今回の料理のレシピを載せておきます。

1 木綿豆腐の水気を切っておく(15分程度)
2 フライパンに油(オリーブオイル)をひき、フライパンがあたたまったら豆腐を入れる
3 豆腐に少し焼き色がついたらバターを投入
4 豆腐の片面にしっかりと焼き色がついたら裏返す
5 しめじと残りの調味料を加えて蓋をして5分ほど蒸し焼きに

これで完成です!
ちなみにゆで卵は事前にゆでておいたものを後乗せしただけです。

コメント