酒のつまみに最適!『豚バラ塩だれ』を作って食べる

豚バラ塩だれを作って食べる

今回は、酒のつまみに最適な『豚バラ塩だれ』を作って食べていきます。

週末や休日前の晩酌にピッタリの一品なので、是非覚えて帰っていただきたいです!

スポンサードリンク

材料

材料
材料分量
豚バラ肉200g
塩コショウ少々
ネギ白い部分1本分
塩だれ
ネギ緑の部分1本分
小さじ1/2
レモン汁小さじ1
ごま油大さじ2

塩だれを作る

塩だれを作る

まずはネギの緑色の部分をみじん切りにしておきます。

タレの材料を全部入れ

そしてちょうどいい器に、塩だれの材料(塩 小さじ1/2、レモン汁 小さじ1、ごま油 大さじ2、みじん切りのネギ)をすべて入れて混ぜます。

トロトロになる

このように、とろっとろになったら塩だれは完成!

豚バラ肉を調理

豚バラ肉を調理

では豚バラ肉を調理します。
まずは、1cmほどの厚さに切っていきます。肉を焼く前に切ることによって、1枚1枚の豚バラ肉がカリッカリに焼けて食感とこおばしさがプラスされます。ただし豚バラ肉特有の脂は焼く際に、結構落ちます。

肉の脂をできるだけ逃さずジューシーな豚バラ肉を味わいたい方は、塊のまま焼いて中まで火を通し、その後にお好きな大きさに切りそろえていただければ大丈夫です。

下味をつける

下味をつける

肉を切り終えたらバットなどに並べて、塩コショウで軽く下味をつけておきます。ひとまず肉の片側だけの下味でも大丈夫です。その理由は後述。

フライパンに並べてから下味

下味をつけたら、火をつけていないフライパンに肉を並べていきます。この時、下味をつけた側をフライパンにつけるように並べると、反対側の下味付けが楽になるのでオススメ。

肉を焼く

両面係ッとするまで焼く

そして肉の両面がカリッと焼き色がつくまで焼けばOKです。

皿に盛り付け

皿に盛り付け

丸い皿に盛り付ける場合、まずはこのように真ん中を空けるように肉を並べます。

真ん中に白髪ねぎ

そして、中心には水気をよーく切った白髪ねぎをどっさりと盛ります。真ん中に高さを作ると見栄えが良くなるのでオススメです。

最後に塩だれをかけたら完成

最後に塩だれを肉の上に書けたら完成!

お好みのお酒と合わせて食べちゃいましょう。

酒のつまみに最適!『豚バラ塩だれ』を作って食べる

スポンサードリンク

コメント