映画『ジョーカー』。覚悟無しで観てはいけない

2019年10月4日(金)『ジョーカー』公開。

いきなりだが『ジョーカー』を鑑賞した率直な感想を述べたいと思う。
前評判もさることながら圧倒的に面白い。

いや…『面白い』という表現はこの映画にあっていない。鑑賞中幾度となく目を伏せたくなったかはわからない。しかしスクリーンから目を離すことはできなかった。
観てはいけないものをみせられているという感覚と、もっと観ていたいという感覚が終始せめぎあう。


とにかく『負』の感情を揺さぶられる映画であることは間違いない。


物語のあらすじとしては「バットマンの永遠の宿敵である『ジョーカー』がどのように誕生したのか?」終始それに尽きる。荒廃した『ゴッサムシティ』でピエロとして働くアーサー。「自らは不幸でも誰かを笑わせたい」そんな気持ちを抱え生きている。しかしそんなアーサーの気持ちとは裏腹に、世間や社会、果ては家族の存在さえアーサーを苦しめていく。


『ジョーカー』の舞台はゴッサムシティという架空の都市ではあるが、ゴッサムシティで起きている社会問題(貧困・暴動・雇用喪失 etc…)、アーサーの身に降りかかる災難や悲劇(誹謗中傷・世間の好奇な眼差し etc…)は圧倒的にリアルである。劇中で巻き起こる災難や悲劇は、今を生きる人間であれば誰しも経験する可能性があるから恐ろしい。この映画はもはや社会風刺映画として機能している。


これから観るという方に注意してほしいのは、決して『明るい映画ではない』ということを意識して観に行ってもらいたい。「話題になってるから観に行ってみようかな」といった生半可な気持ちで観に行くと心にトラウマを抱えてしまう可能性さえある。


まちがっても落ち込んでいる時にこの映画を観てはいけない。

コメント