お金に支配されていませんか?

お金2.0今回紹介する本は「お金2.0」です。

この本を読んで何が得られるのか、それを一言で表すと…

 

お金の支配下から解放される

 

です。

え?どういうこと? 大体の方がそう思うのではないでしょうか。

私もこの本を読む前にこんなことを言われたら、何を言っているんだ

と思ってしまいます。

ですが読み終えた私は、少しずつですがお金の支配者側にシフトしているのです。

 

いったいどのような内容が書かれているのか、ご紹介していきたいと思います。

 

スポンサードリンク

多くの人がお金に支配されている

「お金」は単なる「道具」である

 

私はこれを見て はっ と思いました。

単なる道具を手に入れるために、自分を犠牲にしていたことに気付いたからです。

 

多くの人は、お金を稼ぐために仕事をしている、

生きていくためにお金は必要だから嫌な仕事でも我慢して

働かなくてはいけない、そう思っているのではないでしょうか。

 

それはつまり「お金」という「道具」を手に入れるために

働いていると、言い換えることもできます。

日本には、単なる「道具」を手に入れるために体を壊すまで働いたり

自分の時間を削る、さらには家族と過ごす時間を削る、そういった人が大勢います。

本来お金を支配(利用)する側である人間が、お金に支配されているのです。

 

お金を支配するまたはお金から開放されるには

 

お金についての知識・教養を得ればお金の悩みから解放されます。

学校では決して教えてくれることのないお金の話をこの本では丁寧に

教えてくれます。

例えば…

お金という概念はいつできたものなのか、そしてどのように発展してきた

のか…つまりお金の歴史であったり。

今現在「資本主義」の国で生きる人間として知らなくてはいけない、

国や社会がどのようにお金を使用しているか、を解説してくれています。

 

自分自身で経済圏を作ることのできる時代

 

現代の社会では、個人で経済圏を作ることが可能になっています。

今までの経済圏の流れとしては…

国が通貨を発行する → 企業や個人がそれを使いビジネスや生活をする

要は国が管理者となって経済圏を作っているという流れになります。

そしてこれからの時代は

特定のネットワーク内で流通する独自の通貨をトークンとして生産者が発行して、完全に独自の経済圏を作り出すことができます。

通貨であるトークンにどのような性質があり、どんなルールで流通するかも企業や個人や組織が自分たちで考えて自由に設計することができます。

 

となっていくことが予想されるでしょう。

こういった経済の流れを「トークンエコノミー」といいます。

 

例えばどういうことなのか、具体的な例を挙げて解説してみましょう。

デザイナーAさんを例にしてみましょう。

Aさんは自分の作った作品をブログやSNSに投稿し、人気を得ています。

ある時Aさんは独自の仮想通貨 Aトークン を作成しました。

Aトークンは日本円やbitcoinで購入することが可能です。

さらにAトークンは個人間の売買が可能になっています。

Aトークンを持っているとAさんの投稿した作品を購入したり、

閲覧する権利が与えられ、Aさんが作った経済圏に参加することが可能になります。

そして時にはAトークンを寄付という形で

Aさんやその経済圏に参加している人に贈ることもできるのです。

AトークンはAさんを中心として、ファンや消費者をぐるぐると巡り

経済が成り立っていきます。

 

少し荒い説明になってしまいましたが、このようことが個人でできます。

 

最後に

 

勘のいい方はもうお分かりかと思いますが、本ブログはこの本に

多大なる影響を受けております。

ブログを始めたきっかけを作ってくれた、さらにはお金というある種の

固定概念を崩してくれた、それほどまでに強烈なインパクトを与えてくれる

そんな本でもあるのです。

 

お金に対しての心配事が絶えない、お金の仕組みを知りたい

といった方にお勧めの一冊となっています。

気になった方はぜひ読んでみてください。

 

>>投資や経済はマンガで楽しく学べます

投資を始めてみたい方必見!損をしたくないなら「インベスターZ」を読むべし
...

コメント