緻密な心理描写がいい。アニメ映画『空の青さを知る人よ』感想&考察

2019年10月11日公開の『空の青さを知る人よ』。

想像以上に素晴らしい映画だったので感想と簡単な考察を書きつらねておく。
ちなみにネタバレなしでは語れないので鑑賞後に読むことをオススメする。

あらすじ

山に囲まれた町に暮らす姉妹『あかね』と『あおい』。
二人は十三年前に両親を事故で亡くした。『あかね』は恋人の『しんの』と”東京の学校に一緒に行く”と約束していたが妹の『あおい』を残していくわけにいかず町に残り妹の親代わりとなる。

そして『あおい』が高校2年生になった現在、大人になった しんの 『慎之介』と十三年前の『しんの』が町に現れ、”あの日止まってしまった” 時が動き出す…

感想

とにかく作画が丁寧。これに尽きる。
ド派手なアクションは全くないが、登場人物の心理描写がしっかりと描かれているので画面の面白さは充分すぎるほどある。

そしてストーリーも王道で気持ちがいい。
序盤から中盤は、主要キャラ『あかね』『あおい』『しんの & 慎之介』3人の思いや後悔が交差し絡み合っていく。そしてストーリーが進むにつれ各々の葛藤と成長により、絡み合った思いがほぐれていくさまはとても爽快感がある。

観終えた後のスッキリ感は「いい映画だった…」と、しみじみ思わせる。
高校生から社会人まで、どの年代にも刺さるものがあるので幅広い方にオススメできる映画。

できることなら学生の頃にこの映画を観て、社会人になった今もう一度この映画を観たい。『あおい』と『あかね』そして『しんの』、すべてのキャラの視点から映画を観ることができるから。

考察

『空の青さを知る人よ』のテーマはタイトルにもあるとおり “空の青さを知る” 、これに尽きる。
ではその “空の青さを知る” とはいったいどういうことなのか、ここで考察していきたいと思う。

あなたは『井の中の蛙大海を知らず』ということわざをご存じだろうか?
「自分の今いる場所が世界のすべてだと思い、満足している」つまりは「見識が狭い」という意味のことわざなのだが、実はこのことわざには続きがある。

『井の中の蛙大海を知らず、されど空の青さを知る』
「その狭い世界に長くいるからこそ知れることがある」「その世界にずっといる者にしかわからないこともある」といった意味になる。

つまり、この “されど空の青さを知る” という部分がこの映画の絶対的なテーマになっている。
そしてこのテーマを軸としてキャラクターの葛藤と成長を描いている。

物語の核となる出来事

核となる出来事はやはり、『あかね』と『あおい』の両親がなくなった十三年前の事故だろう。
この事故が起きたため、『あかね』は “あおいを育てていく” と決心し、恋人だった しんの との東京行の約束を破棄した。『あおい』はというと “自分のわがままと無力さのせいであかねを、この町に閉じ込めてしまった” と思い込んでしまう。そして『しんの』は “自らの進むべき道” を見失ってしまった。
その後これらの人物たちは、この時の後悔を抱えたまま生き続けることになる。

特にトラウマ級の後悔を抱え込んだのが『あおい』である。
それは映画を観れば明らかだろう。とにかく『あおい』は過去の出来事に囚われて生きている。
幼き頃の想い出であるベースを、想い出と後悔の詰まったお堂で人一倍練習する。もちろんガンダーラもその一つである。
さらには自分が都会へ出ることで姉を自由にさせたいと願い続ける。

そして極めつけは映画冒頭部分。
『あおい』は後ろを振り返る。
これは過去を気にして生きているということを冒頭で描写している。


この映画は登場人物たち、特に『あおい』が過去の後悔を克服していく映画である。

十三年前の『しんの』の役割

結論から言うと『十三年前のしんの』の役割は『あかね』『あおい』『慎之介』の後悔と成長のメタファー(暗喩)。その証拠に、映画内で『しんの』と顔を突き合わせ会話をした人物は「新たな気づき」や「成長」をしていく様子がありありと描かれている。

このことから
『しんの』との対話 = 『過去の出来事』を再解釈する行為
という図式が成り立つ。

『あおい』は『しんの』と出会うことによって姉の想いを知り、『あかね』は妹の成長を知る。
そして『慎之介』は自分の進むべき道を見つける。
『あかね』『あおい』『慎之介』の時が動き出し、成長したことによって『しんの』は役割を終えて消える。

それと、『あかね』『あおい』『慎之介』の3人は過去の出来事に囚われているのだが、この『しんの』だけは『未来』に囚われてしまっている。
十三年前の出来事により『しんの』は『あかね』という未来への希望を失ってしまった。これから自分はどこへ進んでいくのか、何のために生きていくのか、悩みだす。

最終的に未来の自分に出会うことによって「このまま進んでもいいんだ」という答えを得て消える。

『あおい』の後悔と成長

あおいの後悔は、自らのわがままと幼さのせいで、姉である『あかね』の自由を奪ってしまったと思っていること。実際あかねは自由を奪われたなどは思っておらず、自分の意志で『あおい』を育て上げた。

しかし『あおい』の頭の中で『あかね』は狭い町に囚われて不自由に暮らしているんだと思い込んでいる。そのことにより二人の気持ちが段々とすれ違っていく。

『あおい』は自分自身のことを ”大人” だと感じている節があるが、観客や『あかね』からみるとまだ ”子供”。思ったことや思い込みをすぐに口にしてしまったり、協調性の無さをみているとよくわかる。

最終的には自分の気持ち・感情を押し殺し『あかね』のために空気を読む。
この事によって『あおい』は ”大人” へと成長した。

大人になった『あかね』

十三年前の出来事により、『あかね』は自分の気持ちを押し殺し、『あおい』を育てていくという決心をした。この時『あかね』は心理的に ”大人” になった。

そして現在のあかねは、仕事や人間関係も充実している。髪の毛を染めたり、マニュアル車に乗っているところを鑑みると、自分がこの人生を選んだんだと言っているように聞こえてくる。実際『あかね』は自分が選んだ道を進んできた。

しかし、その自己決定能力が強すぎるあまり、高校生になった『あおい』に過度に干渉するようになってしまう。『あかね』の中では『あおい』は守らなくてはいけない存在 = ”子供” という認識が固定化されていたのだろう。そのことによって『あおい』とすれ違っていくが、最終的にはその認識もすれ違いも解消する。

終盤、車内で『あかね』は
” あおいはもう あの時の私と同じ年なんだねぇ ”
というセリフをつぶやく。

この時『あかね』は、『あおい』がもう “大人” になったんだということに気付き、十三年前に決心して今までやってきたこと(あおいを育てること)は報われたんだと悟った。

『慎之介』の迷いと成長

慎之介は十三年前の出来事から自分自身を見失っている。
『あかね』とともに生きていくビジョンを描いていたのだが、その中核となる『あかね』を失ったことにより、何をすればいいのかわからなくなってしまった。

自分自身、好きな音楽を仕事にしているのだが『自己肯定感』は全くないため、地元に連絡することも帰ることも躊躇っている。

そんな慎之介だったが、十三年前の自分自身と向き合うことによって1歩ずつ進み始める。最終的には『あかね』を取り戻し、今の自分を認めることによって救われた。

コメント