チェンソーマンの伏線一覧【ネタバレ注意】

チェンソーマン伏線一覧

数多くの伏線を描き、
読者を毎週毎週のよう
に驚愕させていた
『チェンソーマン』

今回はそんなチェンソ
ーマンで描かれた伏線
を、回収済み、未回収
含めてご紹介していく。

ぜひ、チェンソーマン
世界を再び味わうため
に利用してもらいたい。

ちなみに私個人が確認
した伏線のみとなる為
あの伏線は?という事
があれば、ぜひとも教
えていただきたい。

もちろん原作を未読の
方はネタバレ注意だ。

回収済み

まずは、回収済みの伏線
から紹介していく。

基本的に紹介する伏線の
順番は、エピソード順に
並べていこうと思う。

マキマさん

マキマさん関連の伏線は
本当に多かった。

やたらと鼻が利く
吹き出しが眼から出るときがある
死んだはずなのに生き返る
謎の力で人を圧殺
パワーがめちゃ恐がる
岸辺隊長との対話シーン

あげればキリがない。

それもそのはずで
マキマさんは
人間の姿をした悪魔で
第1部のラスボス的存在。

しかも強大な力を持つ
『支配の悪魔』だった。

悪魔であるということを
ずーっと明かさずに話が
進んでいたため、考察班
にかなりの養分を与えて
くれたことは間違いない。

デンジの餌

1巻の1話「犬とチェンソー」
のラストシーン。

デンジが初めてマキマさん
と出会い、マキマさんに殺
されるか飼われるかの2択
を迫られた際にデンジが
訪ねた朝食の献立。

この時マキマさんの返答は
パンにジャムを塗って、
コーヒー、サラダ、あと
デザートなどと言っていた。

実はこのシーン伏線となって
いて、デンジがアキを殺して
自暴自棄になり、マキマさん
の家を訪れる82話で回収され
ている。

悪魔の姿になれる人間

1巻の2話「ポチタの行方」
で筋肉の悪魔から少女を
救った後のシーン。

そこでマキマが言った
何気ない一言。

君のような事例はとても
少ないと。

この『事例が少ない』と
いうところが伏線で、
悪魔になれる人間の総称
を冠した悪魔を、チェン
ソーマンが食べ、この世
から名前が消えたことが
原因。

しかし存在は消えること
はなかった。この存在が
消えなかった理由につい
ては、第1部終了の時点
では明かされていない。

つまりある意味未回収の
伏線。

義務教育を受けていないデンジ

1巻の4話「力」で、
デンジがアキに言った
義務教育を受けていない
という一言。

デンジが義務教育を受け
られなかった理由は幼い
頃に両親を亡くしヤクザ
に身を売って生きてきた
から。

という理由もあるのだが
デンジが虐待を受けてい
た可能性も考えられる。

デンジは幼いころ父親に
殺されそうになったこと
があった。

父親は酒に溺れ、借金ま
みれ。母親は、デンジの
記憶に残っていないほど
なので、デンジがかなり
小さなころに亡くなった
と思われる。

そんな家庭環境で育てら
れていたことを鑑みるに
デンジは日常的に父親か
ら虐待を受けていた可能
性もある。

故に学校へ行けなかった
こともうなずける。

悪魔は『名前』が恐れられるほど強くなる

1巻の6話「使役」で
マキマさんによって語ら
れた悪魔の力の秘密。

悪魔は『名前』を恐れら
れているほど強くなって
いく。

しかし
マキマさんはこの設定を
逆転して利用した。

11巻の89話「がんば
れチェンソーマン」

この話でマキマさんは、
今までチェンソーマンが
活躍してきたことをマス
コミやメディアに流した。

そしてその情報を知った
民衆達がチェンソーマン
をヒーローとして崇め、
チェンソーマンへの恐れ
を失っていった。

そのことによって悪魔で
あるチェンソーマンは、
弱体化してしまう。

恐怖は悪魔の力を増幅さ
せるが、憧れや期待は悪
魔の力とはならない。

ちょっとおしゃれな伏線
の回収方法だった。


以下追記予定

未回収

ここからは第1部では、
回収されなかった伏線
を書き連ねていく。

瀕死のポチタ

1巻の1話「犬とチェン
ソー」での回想シーン。

デンジが父親を亡くし、
途方に暮れている場面で
瀕死のポチタが現れる。

なぜこの時ポチタは瀕死
だったのか?そして銃弾
を受けたような傷跡には
意味はあるのか?

色々なネット上でも色々
な情報が飛び交っていた
のだが、結局回収される
ことなく第1部は終了。

考えられるのは、11巻で
マキマが言っていた4人
の騎士&武器の悪魔達と
の戦いで負傷可能性。

もしくは全盛時代の銃の
悪魔との戦いでの負傷。

明かされるかは謎だが、
まだまだ考察する余地は
残されている。

デンジの母親

1巻1話
「犬とチェンソー」

デンジが血を吐き、心配
そうに見つめるポチタに
母親のことを説明する。

母親は心臓の病気で死ん
だらしいと。

デンジが母について語っ
たのはこれっきりでその
後一切語られていない。

デンジの母親はなぜ死ん
でしまったのか?本当に
死んでいるのか?

第2部で明かされること
を期待。

個人的にはクァンシが何
か知っていそうで怪しい。

ポチタがいなくなった日

1巻7話
「ニャーコの行方」
わざわざ抜粋するほどの
シーンでもないかなとは
思ったのだが、念の為。

デンジがパワーの気持ち
を察し思い出すシーン。

この時ポチタはいったい
どこへ行っていたのだろ
うか。

ただただ迷子になったと
いうことであれば問題
ないのだが、ちょっと怪
しい。

以下追記予定

コメント