NFTアート3000万円で購入!?イケハヤ氏&マナブ氏はなぜCryptoPunksを買ったのか

『3000万円でNFTアート購入!』
先日このような情報が飛び出し、人々を驚かせました。



かくいう私もその一人です。

なので今回は

・そもそもNFT、CryptoPunksとはいったい何なのか?
・なぜ3000万円も払ってNFTアートを購入したのか

ということについて解説していきます。

NFTとは?

NFTというのは、イケハヤさんの言葉を借りて説明すると
『1点もののデジタルデータを作る技術』
ということです。

世の中にあるあらゆるデジタルデータはコピーも改竄することも容易ですが、NFTは、コピーすることが不可能な技術を使っているため、『この世にただ一つしかない』ということを証明することができます。

そのため、NFTをアート作品と結びつけることにより
『この世に1つしか存在しないアート作品』
を作ることができます。

CryptoPunksとは?

https://www.larvalabs.com/cryptopunks

CryptoPunksというのはNFTで作られたアート作品の名前です。
そして世界最古のNFTアートの一つでもあり、
上記画像のようにドット絵で描かれた顔、これがCyrptoPunks。

CryptoPunksはどれ一つとして同じ顔は無く、種類の違う顔が10000個存在します。
始めは無料で配られていたのですが、今となっては数千万円、高いものでは8億円というものまで存在しています。そして現在のNFTアートで取引量、取引金額もトップです。

これは驚きですよね。
もしその無料配布で手に入れていれば今頃は…
なんて考えてしまいます。

なぜイケハヤ氏、マナブ氏はCryptoPunksを購入した?

本人に聞いた訳ではない為、ここでは僕自身の見解と一般論になります。

購入した理由は、恐らくですが以下の点が考えられます。
・最古のNFTアート
・話題性
・パスポート
一つずつ説明していきます。

最古のNFTアート

先ほども説明しましたが、CryptoPunksは世界最古のNFTアートです。
NFTアートの市場規模は2019年には約1億4000万ドル、2020年には約3億3800万ドルと前年のおよそ2.4倍。ここ数年で劇的に規模を広げてきた、新たな文化です。
その文化の起源であるCryptoPunks。

もしこのままNFTアートの市場規模が発展し続け、裾野を広げていく場合、この世界最古のNFTアートの価値はどうなるか予想してみてください。

絵画世界で『モナリザ』やゴッホの『ひまわり』の価値が高いように
CryptoPunksも同様の、いや、それ以上の価値が生まれる可能性があると思いませんか。

だからこそ、所有しているだけでも価値があると言えます。

話題性

世界で10000点しか存在しないアート。それを所有している。

単純に考えてこれだけでも、話題性は抜群ですよね。
しかも日本人でこのCryptoPunksを所有している人は数十人いるかいないとと言われています。

つまり持っているだけで世界の10,000 / 780,000,000、日本の10 / 120,000,000の存在になれるともいえますよね。そうなれば話題性、広告性は抜群です。

後々NFTアート美術館などのビジネスが盛り上がってきた場合、CryptoPunksは何が何でも展示させたいアートの一つ。そうなると所有者にお声がかかることは容易に想像できます。

そしてまだまだ発展途上のNFTアート。

新たなシステムやプロジェクト、そして革新的なビジネスが生まれた場合、NFTアートの起源であるCryptoPunksはかならず話題に取り上げられることでしょう。

そして所有者にフォーカスが当たる。
話題性は申し分ないですね。

パスポート

CryptoPunksのような最古のNFTアートはそれを所持していること自体が証明書、パスポートのような役割を果たします。

どういうことか。
NFTはアートを含め、まだまだ発展途上。
インターネット、仮想通貨、ブロックチェーンなどの技術に詳しい人達には理解されているが、技術に明るくない一般層にまで浸透しているかと言われるとまだまだ。

そもそもNFTアートを購入している人たちの中にも、NFTを完全に理解できていない人は多いでしょう。僕もその一人…

そんな環境の中で、3000万以上もするCryptoPunksを購入できる。

この事実と現物があることにより
「この人はNFTアートに対して積極的にコミットしている」
「この人は色々な情報を持っているはず」
という証明書になります。

さらに本人たちのお話によると
「CryptoPunksをアイコンにしたら海外からのオファーが来た」
なんてこともあったようです。

つまりCryptoPunksを所有することは
『NFTアート文化の中で一定の地位が認められる』
ということも言えます。

これが僕はCryptoPunksがパスポートの役割を持っていると考える所以です。

まとめ

結局のところCryptoPunksを所持することは
・投資
・話題性
・パスポート
の役割を果たすと僕は考えています。

これらの要素を3000万円で購入できるというのは、けっこうお値打ちな気もしますね。


ただ1つ知っておいていただきたいのは、どんなNFTアートでも価値が低くなったり、なくなったりする可能性があるということ。

もし購入を考えているのであれば「一攫千金狙うぜ!」みたいな安易な気持ちで購入するのではなく、価値がなくなるリスクを背負える人だけ購入することをおススメします。

コメント