TwitterがアイコンをNFT対応へ!NFTアート市場の活性化なるか

TwitterがアイコンをNFTアートに対応する計画を進めているという情報が出ました。

実証実験段階の動画もアップロードされていたのでご覧ください。

この動画内では以下のような対応が予定されています。

①アイコンを選択に「SelectNFT」
②walletとの紐づけ
③プロフィール画像右下にETH等の表記
④Collectiveタブで所有NFT閲覧可

これらを今現在対応中のようです。

今後への期待

現状は自分が所持しているNFTのみ表示するというだけのものですが、この機能が拡張されていくと面白そうです。

例えば、所有しているNFTアートからマーケットのコレクションに直接アクセスできるようになったり、クリエイターの表示だったり。

これが実現できれば、Twitterアイコンだけでも新たな経済圏が誕生することになります。今現在のアイコンの立ち位置と言えば、一目で誰かわかるぐらいの代物。

しかし、アイコンがNFTに対応することで、より明確に自分自身を説明するツールになり得ます。どのNFTアートをアイコンにしているか、それによって自分がどういったコレクションに興味があり、どういった世界観を好んでいるのか、これらが明確になるわけです。

今もアイコンを好きなアニメキャラにしたり、動物にしたりで、自身の世界観を表現する文化は存在しますが、それがさらに多様化し、アクセスできるようになる未来が見えます。

これは面白いですよね。

そしてTwitter上でNFTアートの譲渡や売買が可能になった場合、NFT市場は一気に加速し、日本企業の参入も相次ぐことも考えられます。

それこそまさにNFTバブルの到来ですね。

コメント