P2Eって何?ゲームをプレイしてお金を稼ぐ!

「ゲームでお金を稼げたらいいのになぁ…」

みなさんはこんなことを考えたことはありませんか?

実は!

多くの人が気づいていないだけで、
すでにゲームでお金を稼ぐ時代は到来しています。

気づけたあなたは超ラッキー!

今回はゲームでお金を稼ぐ『P2E』についての説明と、ゲームをプレイする為の下準備を解説していきます。

P2Eとは?

P2Eって聞いたことありますか?
ほとんどの人が無いかと思います。むしろ知っているあなたは最先端行ってます。
ここではそんなP2Eについて解説!

概要

P2EはPlay to Earnの略称で「遊んで稼ぐ」という意味です。
ネット上では、ゲームをプレイして仮想通貨を稼ぐことをP2Eとかプレイトゥーアーンと呼んでいます。

Free to Play(無料プレイ)はご存じでしょうか?
人気のスマホゲームって大体無料で遊べますよね。これがFree to Playです。
そんなFree to Playが進化してPlay to Earnが登場しました。

P2Eはゲーム業界の新しいトレンドとも言えます。

そして稼げるお金は『円』ではなくて『仮想通貨』ということだけ注意が必要!

なんでお金を稼げるの?

でもゲームを遊んでお金が稼げるなんて怪しくないですか。

僕も最初そう思ってました。
「遊んでお金がもらえるならみんなやってるよ!」
って感じですよね。

しかし、最新のIT技術を使っているため、プレイヤーの参入障壁がめちゃくちゃ高く
まだ一般に知られていないのがP2Eです。

ざっくり説明すると、仮想通貨とブロックチェーンを使うことによって、プレイヤーに収益を分配できるシステムが出来上がりました。

ゲームで発行された仮想通貨に価値がついたり、ゲーム内のアイテムに価値がついて売買したりして、お金を稼ぎます。

P2Eのゲーム紹介

実際のP2Eゲームを紹介します。

AxieInfinity

参照:https://axieinfinity.com/

遊んで稼げるゲーム(P2E)の代表格と言ったらこの『AxeInfinity』です。
1日のアクセスユーザー数が100万人を超えるなど、とんでもなく人気のゲームとなっています。

詳しく知りたい方はこちらの記事がわかりやすいです。

フィリピンで人気爆発

このAxieInfinityですが、フィリピンでは職業になってしまうほど爆発的な人気を誇っています。
というのもこのゲーム、1日で稼げるお金は日本円に換算すると約1000円~2000円。
日本だと少し少ない気がしますが、フィリピンの物価で考えるとかなり多いです。

フィリピンの平均年収は約48万円で、日本は約433万円。
およそ9倍の差があります。

そう考えると1日1000円~2000円は、9000円~18000円になります。
めっちゃ稼げる!!

スカラー制度

ただこのAxieInfinity、ゲームをプレイするためにはAxieというモンスターを3体所持する必要があります。で、この3体を取得するためにはおよそ8万~10万円ほどかかります。

言い換えれば、ゲームソフトが8~10万円するようなものです。
とてもじゃないけどハードルが高いですよね……

なのでAxieInfinityではスカラー制度というものが流行っています。
これは、すでにAxieを3体以上持っているプレイヤーからモンスターを借りて、プレイするという仕組みです。

その代わり、Axieを借りたプレイヤーは稼いだお金の3割~5割を貸主に支払います。
簡単に言えばゲームプレイの下請けです。

実は日本人でもスカラー制度をバイト代わりにやってる人がいるとかいないとか。

ゲームをプレイする下準備

先ほども少し書きましたが、P2Eのゲームをプレイする為にはいくつかのハードルを越えなくてはいけません。なのでここからはゲームをプレイする前の下準備を解説していきます。

※無料で始められるP2Eゲームも存在しますが、仮想通貨を稼ぐには最低限これらの準備は必要

準備

最低限必要な準備は2点あります。

  1. 仮想通貨を取得する
  2. ウォレットを準備する

仮想通貨を取得

https://app.bitbank.cc/trade/btc_jpy

そもそもP2Eのゲームを遊ぶためには大抵、仮想通貨が必要になります。
仮想通貨は日本の『仮想通貨取引所』で購入できます。

bitbank
bitFlyer

等の取引所が有名ですね。

注意点としては、ゲームによって使われる仮想通貨の種類が変わるということ。
自分がプレイしたいゲームで使われる仮想通貨をしっかりと調べたうえで、購入するようにしましょう。

あと仮想通貨購入は、当然リスクもあるので自己責任でお願いいたします。

ウォレットを準備

https://chrome.google.com/webstore/detail/metamask/nkbihfbeogaeaoehlefnkodbefgpgknn?hl=ja

ウォレットとは仮想通貨を管理する財布のみたいなものです。
基本的に仮想通貨は自分のウォレットで管理します。

ウォレットの基本機能は下記の通り。

  • 仮想通貨の入金
  • 仮想通貨の送金
  • 仮想通貨の管理

P2Eで使われる仮想通貨はイーサリアムというプラットフォームの通貨が多いため、それらをまとめて取り扱うことのできる『MetaMask』というウォレットがポピュラーです。

仮想通貨を購入する際は必ずウォレットも準備しておきましょう!

※MetaMaskの設定方法はこちらのサイトがわかりやすいです。

P2Eの現状

2021年11月現在でのP2Eが可能なゲームはめちゃくちゃ登場してます。
しかし、ゲーム内で仮想通貨を稼ぐ為には最低限の課金が必要です。

お金を稼ぐ為には課金が必要

課金せず遊べるゲームも存在はしますが、仮想通貨を稼ぐ為にはやっぱり課金が必要!
ということでゲームプレイの、どのタイミングで課金が必要になるかを説明していきます。

ざっくりとね。

P2Eの課金ポイント

  • プレイを開始する為のアイテムやキャラを購入
  • アカウントをアクティブにするために課金
  • プレイは無料だけど仮想通貨を稼ぐ為のアイテムを購入するために課金

先ほど紹介したAxieInfinityのようにプレイ開始前の課金を促すゲームが多いです。

ゲームをプレイしない稼ぎ方

実はこのP2E、ゲームをプレイしない稼ぎ方も存在します。
先ほどのAxieInfinityのスカラー制度がそのいい例です。

有り余るほどの潤沢な資金を持っているプレイヤーは、ゲーム内アイテムやキャラクターをたくさん購入し、他プレイヤーに貸し出したり、販売したりで稼ぐこともできます。

他にも『ステーキング』などの稼ぐ方もありますが、これは難しいのでまた今度。

まとめ

どうでしょう。

ここまで読んでいただいた方は『ゲームでお金が稼げる』ということを、なんとなーく理解できたのではないでしょうか。

まとめると

  • P2E = 遊んで稼ぐ
  • 最も有名なP2EゲームはAxieInfinity
  • 遊ぶには仮想通貨、ウォレットが必要
  • 稼ぐ為には課金が必要

という感じ。


なんとなくわかってもらえたら大丈夫ですw


次回は、ゲーム内のアイテムがなぜ価値を持つのか?
という内容を解説していきたいと思います。

コメント