NFTゲームで稼げる理由。ゲーム市場が変わる

お金を稼げるゲームが登場していることを、ご存じでしょうか。

そういったゲームは、NFTゲームとか、ブロックチェーンゲーム(BCG)とか呼ばれています。ここではNFTゲームと呼んでいくことにしましょう。

なんだか堅苦しい名前ですが、見た目は既存のゲームとそんなに変わらないです。なので中身の仕組みが、ちょっと違うんだなぁぐらいの理解でOK。

で、今回は、NFTゲームが今あるゲームの遊び方を大きく変えていくというお話をしていきたいと思います。

最後まで読んでいただくと、ゲームで稼げる理由やNFTゲームが普及した未来を想像可能です。

ゲームのアイテムを売って稼ぐ

NFTゲームの大きな特徴として、ゲーム内で取得したアイテムをプレイヤーが自由に売買できることが挙げられます。

これって既存のゲームだと、ルールや規約で禁止されてますよね。

でもNFTゲームの場合は大歓迎。

むしろ売買されることを前提にゲームが作られています。

しかもNFTゲームのアイテムって単価がめちゃくちゃ高く、安くても1万円、高いと数億円なんてものもあります…

そんなアイテムを売買できるわけですから稼ぐことも十分に可能ですよね。

NFT技術の恩恵

ゲーム内のアイテムを売買できるとなると問題も生じます。

  • アイテムの無限供給
  • ゲームが無くなったらアイテムも消えてしまう

今まではこれらの問題があったため、ゲーム内のアイテムを売買可能にすることは難しいと思われてきました。

しかし『NFT』という技術の普及により、デジタルデータに供給量(発行上限)を設定可能になり、そのうえゲームが無くなってもデータは消えないようになりました。

NFTについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

他のゲームでも使えるかも

NFT技術のもっとすごいところは、ゲーム内で取得したアイテムを、違うゲームでも使える可能性があるという事です。

イメージ的にはドラクエでゲットしたアイテムを、ファイナルファンタジーに持っていって使う、みたいな感じ。

めっちゃワクワクしますよね。

こういったゲームとゲームを繋ぐという役割をNFTは担っています。

技術的な仕組みのイメージはUSBケーブルを思い浮かべてもらうとわかりやすいかもしれないです。

USBケーブルって統一された規格で作られているから、パソコンやスマホ、テレビ、ゲーム機など、いろいろな端末で利用できますよね。

NFTも一緒です。統一された規格で発行されたNFTは、その規格を採用しているゲームであれば利用可能です。ゲーム用に調整やコンバートは必要ですが。

NFTゲームのリスク

NFTゲームは、お金を稼げるという夢のようなゲームです。

ですが当然リスクが存在します。

桁違いのお金が流れているという事と、法整備がまだまだ整っていない点が、リスクを生んでいるとも言えます。

では具体的にどういったリスクが存在するのかを見ていきましょう。

NFTアイテムは結構高い

さきほども説明したように、NFTアイテムは数万~数百万円単位で売買されています。

そういったことから詐欺や、自分自身の操作ミスで大事なお金とアイテムを失ってしまうなんてことも実際に起こっています。

詐欺

NFTを保管しておくためには、ウォレットという財布のような物が必要なんですが、その財布を巧妙な手口でハッキングして、NFTを盗み出す事件が起きています。

パソコンに不慣れな人やNFTゲーム初心者なんかがよく騙されたりするので、NFTゲームをガチでやろうとしている人は徹底したリサーチが重要です。

操作ミスで失う

NFTを保管しておくためにはウォレットが必要だと説明しました。

しかしこのウォレット、NFT初心者には超使いにくい代物です。

そのため、間違った操作でNFTを失ってしまう事例もあります。

めちゃめちゃ悲しい出来事です。

ちなみにこういった自分の操作ミスで大事な資産を失うことを『GOX』というので、気になる方はTwitterで検索してみてください。

被害者たちの阿鼻叫喚を体験できるかもしれません。

日本の法規制

日本は仮想通貨やゲームに対する法規制が厳しい国です。

NFTゲームは仮想通貨や仮想通貨に使われている技術を利用しているので、法規制の対象になる可能性が十分にあります。

さらにNFTアイテムが景品表示法に引っかかるのではという懸念も出てきている始末。

そのため外国産のNFTゲームが「日本では稼ぐ機能を使わせない」という事例も出てきています。

これは日本の法規制を避けるための処置です。

本当に悲しいですよね……

確かにリスクはあります。しかし、新しい技術の芽を摘み取り、海外から日本市場を孤立させることのリスクの方が大きいと感じます。

NFTゲームの未来はどうなる

日本は法規制の問題はありますが、世界全体で観るとNFTゲームの未来は明るいと思います。

というのもNFTゲームの市場規模はここ1年で爆上げしているからです。

NFTゲームの市場規模

参照:https://www.tokenterminal.com/terminal/projects/axie-infinity

NFTゲームの代表格『AxieInfinity』の売上と時価総額を見てみましょう。

上記画像によるとAxieInfinityの売り上げは2021年7月から爆増しています。

7月8月9月10月11月17日まで
売上約200億約400億約250億約220億約120億
時価総額約600億約1800億約2000億約3600億約4400億
単位:円

毎月200億円以上のお金を稼いでいることがわかりますよね。

この売り上げが続くと仮定すると、来年にはAxieInfinityの売り上げは年2400億円を超えます。

これってめちゃくちゃ異常な事でして、2020年の日本国内のゲーム市場規模は約2兆円なんですね。

そこに当てはめるとAxieInfinityは、日本ゲーム市場の約10%の売り上げを単体のゲームでたたき出しているという事になります。

単体のゲームでこの売上ですから、NFTゲームすべての売上を算出したらとんでもないことになることが予想できますよね。

このことからNFTゲームの未来はかなり明るいかと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

NFTゲームについて、ちょっと理解が深って、なんとなくワクワクしてきませんか?

NFTゲームが一般的になれば、好きなゲームで遊んでお金を稼いで暮らす。なんて生き方もできるかもしれません。

気になった方は『NFTゲーム』ぜひ調べてみてください!

さんざん説明してきましたが当然、詐欺やGOXのリスクはありますので、お金をツッコム際は自己責任でお願いいたします。

コメント