不安症の方に朗報。不安は人生で最大の武器になる

トイレを探す
ぼくが人生で一番不安を感じていることはトイレについてです。自分の知らない土地に行ったときは真っ先にトイレを探します。

そんな時にふと思いました。ぼくって結構不安症かもしれないと。

ですので不安症を効果的に利用する方法を調べました。
※この記事は、ぼくの体験したことを元に構成されています。

 

スポンサードリンク

なぜ不安を感じるのか

対処するためには敵の正体を知る必要があります。まずはなぜ不安を感じるのかということをぼくなりにまとめていきます。

不安を感じている時というのは自分の身に何かしらの危険が迫っている時だとぼくは思いました。つまり不安は『人間の防衛本能』だと言い換えることができます。

では不安を感じさせる危険はどこから来るのか?それが疑問ですよね。それは『』に対する危機意識を自分自身で生じさせているのだと思います。

一体どういうことかというと。例えばぼくがトイレについて不安を抱くということはこのように説明できます。

もしトイレが見つからず、やむを得ず立ち小便や開放的な大便をしたとします。

そしてその付近でたまたま超有名Youtuberの撮影やテレビ撮影が行われており、ぼくの羞恥な姿が見切れてしまったとします。

さらに編集時に、ぼくの羞恥な姿に気づかず、モザイクもかからずに投稿、放送されたとします。

すると何人かの視聴者がぼくの羞恥な姿を発見し、ネット上で拡散し始めます。

そうなったらぼくはもう死ぬしかないですよね。つまりこういうことです。

よって不安というものは『』から自分の身を守る人間の防衛本能なのだと断定することができます。
ですから不安症の方は『防衛本能』が高い人、と言い換えることもできますね。

 

不安は最大の武器である

不安は最大の武器である』これはメンタリストのDaigoさんが言っていました。不安が武器になると聞くと、ぼくのような不安症の方にはとても朗報ですね。

ですが不安が武器になるなんて全く想像できないですよね。なのでどうしたら不安が武器になるのかを説明していきます。

不安を消そうとしてはいけない

大事なことは不安を感じたときにその不安を打ち消そうとしてはいけないということです。消そうとしてしまうとかえって不安が増大し、思考停止状態に陥ってしまうからです。

みなさんもこのような経験があると思います。
考えないようにしようと思っていることに限って、ずーーーーーっと考えてしまうなんてことが。

ぼくも映画を見ている時や飛行機に乗っている時、トイレの不安が頭から離れないことがよくあります。

つまり人間の脳は「考えるな!」と命令されると考え続けてしまうのです。これは厄介…

不安は消すのではなく利用する

不安を感じたときはまず最初に、自分が不安を感じているんだと意識しましょう。それだけでも少し冷静になることができます。で!ここからが重要!不安を効果的に利用するターンです。

不安を感じるということは身近に危険や問題が迫っているということ。つまり問題解決のチャンスでもあるのです。その問題を解決すれば不安は無くなります。

ではどうすれば問題解決ができるのか?一番大事なことは何に不安を感じているのかを言語化することです。不安の正体を暴く!ということですね。言語化することができれば問題解決の道も見えやすくなるでしょう。

例えばトイレが近くにないと不安だと感じたら、なぜトイレが近くにないと不安なのだろうかと考えます。するといろいろな理由が考えられます。

・漏らしてしまったら恥ずかしい
・排泄しているところをみられたら死
・いつでも逃げ込める場所が欲しい

みたいな。

このようにして問題点を洗い出せば、あらかじめトイレの場所を探しておくなど、おのずと対処できるようになりますよね。

 

終わりに

不安を感じやすい人は、不安を感じない楽天的な人よりも問題点を早期に発見・解決することができます。なぜなら仕事や将来に対して真剣に向き合っているからです。

ですから不安を感じやすい方は是非、不安を利用するという感覚を身につけてみてください。考え方ひとつで不安が便利な『問題発見機』のように感じられるようになるはずです。

不安は人生で最大の武器』この言葉だけでも持ち帰っていただければ幸いです。

それでは。

 

>>帰宅途中に出てきたやる気を持続させたい!!

帰宅途中に湧き出てきたやる気がなぜか家についたら消えている理論の証明
...

コメント