投資を始めてみたい方必見!損をしたくないなら「インベスターZ」を読むべし

インベスターZ
「投資を始めてみたいけど何をしていいかさっぱりわからない」「初めての投資で損をしたくない」という方は是非「インベスターZ」を読んでみてください。

ちなみに「インベスターZ」というのは漫画です。

「マンガで投資が学べるの?」と疑問に思う方もいらっしゃるかと思います。

安心してください学べます!むしろ投資初心者の方は1回は読んでおくべきです。

読めば「投資のルール」や「何をすればいいのか」など、自分なりの方向性を定めることができるようになります。

そんな「インベスターZ」を簡単にご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

どんな内容のマンガなの?

まずは主人公の入学シーンから始まります。

中高一貫で授業料免除の「道塾学園」に入学した主人公。しかし授業料免除の裏にはとんでもないカラクリがあった。
成績トップの生徒しか知らない「投資部」が学園の運用資金を稼いでいたのである!
その「投資部」に入部した主人公が様々な経験を積み、投資の才能を発揮していく物語。

という感じです。

中高生が投資によって学園を支えている。何とも奇抜な設定ですが、そのギャップもまた魅力のひとつでしょう。

インベスターZをオススメする3つの理由

このマンガをすすめる理由は3つあります。まずはその理由をご覧ください。

1.マンガだからすらすら読める

これは想像できますよね。

参考書とマンガどっちが読みやすいかと聞かれたら迷わずマンガと答えるでしょう。

2.物語性があるので理解しやすい

中高生が投資をするという物語だけあって、とても引き込まれます。

売りたくても売れない精神状態や、一瞬の気のゆるみが大きな損失を招いてしまう。などの表現が生々しく伝わってきます。

さらに「投資は出口を決めておけ!」や「実は日本人は投資に向いている!?」などのキャッチ―な言葉がどんどん出てきます。その度に続きが気になって気になって仕方なくなってしまいます。

このように楽しみながら投資について学ぶことができるのもうれしいですね。

3.投資に限らず、お金や日本経済の歴史などの知識が学べる

「人はなぜお金というものを作ったのか」「戦後の日本経済はどのように発展してきたのか」などの教養も学ぶことができるのも「インベスターZ」の魅力です。

そもそも「投資」は、「お金」と「経済」の話なくして語ることは不可能です。

「お金」や「経済」の歴史は、書店に売られている「投資入門書」書かれていることはまれでしょう。

この点を踏まえ手考えると、ぼくがオススメしている理由がわかると思います。

最後に

もしここまで目を通してみて「インベスターZ」に興味を持った方は是非読んでみてください。

投資だけでなく、日本経済の勉強にもなります。これが地味に嬉しい・・・

ですがマンガであるということも忘れないようにしましょう。マンガの通りに投資を行えば儲かるということは決してありません。あくまで考え方のひとつとして参考にしましょう。

投資は完全に自己責任の世界です。損をしても誰も助けてはくれません。だから投資についてわからないことは徹底的に調べましょう。

その助けとなるのが「インベスターZ」です。

このマンガを読んでみて「投資は楽そう」と思うのか「やっぱり怖い」と思うのか確かめましょう。焦らずゆっくり時間をかけて考えてみてください。

それから投資を始めてみても決して遅いことはないでしょう。

それでは。

 

>>お金や経済に興味がある方はこちらもオススメ!

お金に支配されていませんか?
...

 

>>本を読んで勉強した気になっていませんか?

読書をして勉強した気になっていませんか?本は正しく使いましょう。
...

コメント